新生銀行カードローン レイクから5万円キャッシング

新生銀行カードローン レイク

実質年率 4.5%〜18.0% 限度額 500
万円
保証人 不要 口座開設 不要

お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンによるWeb契約申込み

※ インターネットでは24時間365日申込みを受付しています。

お電話による契約申し込み
自動契約機による契約申し込み
郵送による契約申込み


5万円借りる時の【2大条件】

低金利重視 スピード重視
銀行でお金を借りたい!安心感がほしい!という方は大手銀行をチョイス! すぐにお金を借りたい!という方はスピーディーな銀行系をチョイス!!

土日・休日に5万円キャッシング



5万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
× オリックス銀行カードローン 1.7% 〜 17.8% 最高
800万円
★★☆☆☆
× じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★☆☆☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆

キャッシング辞書

外資系銀行は日本ではあまり多くない
外資系銀行は、日本ではあまり多くありません。 実際、複数の銀行を利用している人の中でも、外資系銀行を一切利用していないケースがみられます。 外資系銀行の数がそれほど多くない理由としては、国内金融機関の発達が挙げられます。 大手都市銀行をはじめ、全国各地に支店ネットワークを築き上げている銀行がたくさんあります。 合併が進んだとはいえ、銀行の数は豊富です。 また、各都道府県に地方銀行があります。 地域によっては、複数の地方銀行を抱えていることもあります。 こうした事情から、わざわざ外資系銀行を利用せずとも、複数の選択肢の中から自らに最適な銀行を見つけることが容易です。 外資系銀行では、実力重視の勤務評価がなされることが多いです。 そのため、高収入を得られる可能性は比較的高いものの、終身雇用はもちろん、長期の雇用を期待することは比較的難しいでしょう。 日本でも成果主義が導入されている企業がありますが、いまだに雇用には安定を求める声が根強いです。 そのため、雇用が不安定な外資系銀行に新卒で入社する意欲を持った若者の数は少なくなりがちです。 優秀な人材の確保が難しいことも、日本へ外資系銀行が積極的に進出しづらい理由の1つだと考えられます。 ただ、終身雇用制や年功序列型賃金制度が当たり前、という時代は終わりつつあることから、今後は外資系銀行に多くみられるような雇用形態が好まれるようになる可能性もあります。その場合には、日本に外資系銀行が増加することもありえるでしょう。