じぶん銀行から5万円キャッシング

じぶん銀行

実質年率 2.2%〜17.5% 限度額 800
万円
保証人 不要 最短
即日融資

ポイント&申込・契約方法

本人確認書類原則不要

※じぶん銀行口座をお持ちでないお客さまは本人確認書類を提出する必要があります。

わずらわしい書類の提出が原則不要でお申込みから契約までがネットで完結
郵送による契約申込み

5万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
× オリックス銀行カードローン 1.7% 〜 17.8% 最高
800万円
★★☆☆☆
× じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★☆☆☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆


キャッシング辞書

回収不能を避ける販売先の与信管理
与信管理とは取引先が信用に値するか、どの程度の取引規模が妥当なのかを管理することです。 例えば、債務超過にある会社に掛で販売した場合、売掛金が回収できない危険性があります。 販売代金が回収できないということは、販売や生産に関わってきた人達の死活問題だと考えてもいいでしょう。 そのため、なんとしても避けなければなりません。 しかしながら、業務の効率化や取引規模を拡大するために、現金取引だけではなく、代金の支払を猶予する信用取引も重要です。 このときの商品販売から代金回収にかかる期間を「信用の供与」、つまり与信といいます。 与信管理は代金を確実に回収するために、取引先への信用取引の額と支払猶予の期間を把握し、回収が困難になったときの取り立てる手段を調査しておくことを行います。 取引額は変わらないのに、信用取引の額が増えていれば要注意です。 信用取引が増えるということは、現金回収が遅れているということであり、管理の度合いを高めなければなりません。 また仮に、その会社から回収が出来なくなっても、まだ手はあります。 取引先が有している売掛金には、当然債務者がいます。 その第三者債務者に対して支払を要求することができるため、取引先の営業相手を把握しておくことも重要です。 それから、その会社の役員と代表者を把握しておくことも怠ってはなりません。 例えば手形に記載された代表者氏名が法務局に届けられた代表者と違う場合、手形は無効になってしまいます。 登記簿謄本を取り寄せ、誰が代表権者なのか把握しておけばこのような事態は防げます。 信用取引におけるリスクを限りなくゼロにするための活動、それが与信管理なのです。