アイフルから5万円キャッシング | 今すぐ5万円借りたい時のBest3!

東証一部上場のアイフル

東証一部上場のアイフル

実質年率4.5%~18.0% 限度額500万円
保証人不要 最短即日融資

詳細・お申し込み

アイフルお申し込み・ご契約方法

  • パソコン、ケータイ、スマートフォンによるWeb契約申し込み (※1)
  • (※1)インターネットでは24時間365日申し込みを受付しています。
  • 店頭窓口による申し込み (※2)
  • 自動契約機による契約申し込みなど (※2)
  • (※2)今すぐにお金を借りたい場合は、インターネット申し込みを行った上で電話連絡をしたり、窓口や自動契約機で契約をすると、待ち時間もなくスムーズです。

どちらの条件で選ぶ!?「5万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

5万円借りる:即日融資 5万円借りる:低金利

5万即日融資 5万低金利


五万借りたい勉強コーナー:返済計画の立てやすい元利均等返済

お金を借りた金額を元金と呼びます。 返済をすれば元金が減っていくことになるのですが、返済をするときには元金だけではなくて利息も返済していかなければなりません。 ローンを組んで毎月返済していく金額は、元金と利息の合計となっています。 元利均等返済とは、元金と利息の合計を均等にするという返済方法を指します。 元金と利息の合計が均等であるということは、つまり毎月同じ金額を返済していけば良いわけです。 例えば、毎月2万円ずつ返済していくというような返済方法を選ぶ事ができます。 毎月一定ですから、返済計画を立てやすく、そのために色々なローンで採用されています。 収入から生活費を差し引けば、実際にどれくらいなら返済に充てることができるのかをすぐに計算できるでしょう。 例えば余裕が3万円あるのなら、毎月3万円なら返済に充てていくことができます。 元利均等返済であれば、月々3万円の返済という設定ができますから、返済計画を立てやすいという特徴があるのです。 このようなメリットはあるのですが、デメリットもあります。 元金と利息を合計して返済金額を決めるのですが、実際にどれくらいの元金を返済していて、そしてどれくらいの利息が発生しているのかがわかりにくくなるのです。 最終的にどれくらいの利息を支払ったのかが分からなくなるということもありますから、この点には注意しておかなければなりません。 最初に最初に返済シミュレーションなどを活用して、利息の金額を把握しておくことが必要です。

ページトップへ戻る