経済コラム | 今すぐ5万円借りたい時のBest3!

経済コラム

関西地盤のスーパー各社がインターネットで注文を受けて商品を配達する「ネットスーパー」が人気を集めているらしい。 例年以上に寒さが厳しいことに加え、毎月一定額を支払えば、送料が無料となる「定額制」などの利用促進策が奏功し、リピーターが増加しているためである。
子育て中の母親や高齢者など頻繁な来店が難しい潜在顧客の開拓にもつながっているとされている。 イズミヤが平成13年から始めたネットスーパー「楽楽マーケット」は大阪、京都、兵庫の各府県の一部でサービスを実施。21年に昆陽店(兵庫県伊丹市)で定額制をスタート。利用頻度が上がっていることから現在は6店で定額制(315円)を導入している。
同社によると、「トラックの積載効率が高まり、1件あたりの採算性があがった」(担当者)。また、不在時に軒先など指定された場所に置いておく「留め置きサービス」も実施。利便性の向上もあり、1月の利用件数は前年同月比で2倍以上に達した。 オークワは、地盤の和歌山など6府県16店を拠点に展開しており、昨年10月から宅配大手ヤマト運輸の物流網も併用している。自社便は原則当日配達で、ヤマト便は配達日の前日午後4時までに注文が必要だが、「和歌山県内は山間部が多く、ヤマト便との組み合わせで県内ほぼ全域をカバーできる」という。
ネットスーパー人気はスマートフォン(高機能携帯電話)の普及も後押ししているといわれるが、パソコンのホームページをスマホの小さな画面でそのまま表示すると、「見づらく、操作しにくい」との声が各社に寄せられているため、各社でスマートフォン向けに画面を見やすくするサービスを検討、予定している。


<コラムコメント>
買物と言ったら、お店に足を運んで...なんていうのは、もう完全に古いですね。
もちろん、実際に手に取ってみてみないとわからないものもありますが、食料品や日用品など、すでに"モノ"がわかっている商品や、リピート商品、重たいものなどは、ネットスーパーで買えたら便利!と思います。楽ちんですしね♪
お店に足を運ばなくてもいいから便利!というほかにも、小さいお子さんがいて手が離せないとか、頻繁な外出が厳しいご高齢のご家庭など、物理的におでかけ買物が難しい層の方にも、利便性が良くて素晴らしいシステムだと思います。
でも、ネットスーパーの利用をするのに、利用料とか送料がたくさんかかってしまうとつらい!っていうのもありますよね。 そんなときに、毎月一定額を支払えば送料が無料になったり、送料込のお得コースだったり、手数料格安プランだったりがあると、助かります。 あと、スマートフォンが普及したのはいいけれど、確かにパソコン用のサイトをあの小さな画面で見るのは厳しいな...と思いますよね。
いくら拡大できるといっても、画面が変わるたびに指を動かして拡大するのも、面倒くさい...。 早くスマートフォン向けのシステムを作って、快適にネット注文できたらいいですね!

ページトップへ戻る