総量規制とは

貸金業法の総量規制のポイント

貸金業法では総量規制が導入されました。
「総量」とは、複数の金融機関のキャッシングやカードローンの借入額の合計を指します。
この合計金額が年収の3分の1までに抑えなければならないというのが規制の主な内容です。
年収の低い人はあまり借りる事ができなくなったと言えるでしょう。
このような規制が導入された理由は、返済ができなくなってしまう人が多くなったからだと言えるでしょう。
借り入れのできる金額に上限を設けることが必要とされるようになり、導入されたのですが、規制とは言っても詳しく見ると色々な例外があるという事も知っておく必要があります。
まず、総量規制は貸金業法での規制だと言うことに注意しておきましょう。
貸金業法は貸金業者に対する法律です。
貸金業者として登録をしているのは消費者金融やクレジットカード会社で、銀行は含まれません。
銀行は別の銀行法という法律が適用されますから、規制の対象外になるのです。
もう一つはキャッシングやカードローンなどの無担保の融資にかけられた規制だと言うことです。
不動産などを担保にして借り入れをする場合にはこの規制は適用されません。
ですから、どうしても大きなお金が必要となったときには何らかの資産を担保に設定すれば良いのです。
このような例外もいくつかありますから、実質的にはあまり意味の内規製だと言われることもあります。
ただ、総量規制が導入された理由は消費者保護であるということを把握しておく必要はあります。
年収の3分の1以上を借りる事ができたとしても、やはりそれくらいで抑えておくのが良いでしょう。

関連ページ

5万ネットキャッシング
5万ネットキャッシングについて知りたい方へ
みなし利息とは
みなし利息について知りたい方へ
ブラックリストの意味とは
ブラックリストの意味について知りたい方へ