みなし利息とは | 今すぐ5万円借りたい時のBest3!

お金を借りた際の手数料や保証料などはみなし利息として判断されます

ローン会社やキャッシング業者などで、お金を融資してもらう際に、借主から手数料などを取られる場合があります。
金融業者の中には、事務手数料や調査手数料、融資を受ける際の保証金などと言って、借主から利子とは別に手数料を取るケースが過去には多くみられました。
ただ融資を受けるだけなのに、この手数料なんだかおかしいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
最高裁判所の平成15年度7月18日の判例では、こうした手数料はすべて利息として判断するという判決が下りる結果となりました。
つまりみなし利息とは、こうした融資を受けた際の礼金や手数料をすべて利息とみなすという意味があります。
もし、貸金業者にこうした手数料としてお金を取られていたのであれば、取られた額すべてを借金の返済や利息の返済に回すことができるのです。
利息制限法3条によれば、こうした貸金業者から融資を受けた際に、礼金や、調査料、保証料、割引料などの名前で、借主からお金を取っていた場合には、どんな名目で手数料をとっていたのにかかわらず、すべて利息とみなすと書かれた条文があります。
過去には、こうしたみなし利息の問題が貸金業者の間ではたびたび起こることがありましたが、現在では利息制限法によって借主の権利が守られています。
過去の借金問題などで、みなし利息を搾取されていた方にとっては、過払い金としてお金を取り戻すこともできるでしょう。
また借金額の減額の可能性も出てきます。

どちらの条件で選ぶ!?「5万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

5万円借りる:即日融資 5万円借りる:低金利

5万即日融資 5万低金利


ページトップへ戻る