最新貸付後残高とは

明細の最新貸付後残高の意味とは

キャッシングを利用すれば、そのたびに明細が送られてきます。
最近では郵送で送られてくるのではなくて、メールで届くことも多いです。
その中で最新貸付後残高という項目がありますが、これはどういった意味があるのでしょうか。
キャッシングでは、契約をしたときに借り入れる金額を決定するわけではありません。
契約をするときには借り入れのできる上限金額を決定します。
上限だけ決めておいて、必要になったときに必要な金額だけを借りる事ができます。
ですから、完済をする前に新たに借りる事もできます。
残高がある状態で新たに借りる事ができますが、このときには新たに借りる金額が貸付金額として記載されます。
最新貸付後残高とは、すでにあった残高に、新たな貸付金額を加えたものだと言えるでしょう。
簡単に言えば現在の残高のことを指します。
明細にはこのように記載されている場合が多いですから、内容を理解しておくことが必要です。
キャッシングでお金を借りすぎると返済が苦しくなることもあり得るでしょう。
返済ができなくなると債務整理をしなければならなくなることもあります。
現在、どれだけ借りているのかを把握しないまま、借りる事ができるだけ借りるというような方法で利用していることが、返済できなくなり原因になる事もあります。
ですから、現在いくら借りているのかを常に把握しておくことは必要ですし、そのためには最新貸付後残高を常にチェックしておくことが必要です。

関連ページ

保険料控除とは
保険料控除について知りたい方へ
教育ローンとは
教育ローンについて知りたい方へ
福祉資金とは
福祉資金について知りたい方へ