福祉資金とは

気になる福祉資金と教育支援資金

福祉関係には多数の基金があります。
国や地方自治体の制度として多数のものがありますので、事前に確認を取っておき、最良の結果をもたらせるようにしておきましょう。
たとえば、他からの融資の受けられないような収入がそれほど多くない家や、介護が必要な65歳以上のお年寄りがいる家庭、身体が不自由な方や、知的、精神などが不自由な方のいる自宅が安心して生活できるように地用自治体で貸してくれる制度を、福祉資金といいます。
社会福祉協議会が窓口となっています。
生活面で不安を抱いている方で、どうしてもキャッシングなどの融資を受けられない場合には、社会福祉協議会へ融資を申請しておくことが大切です。
支援金の種類としては、当座の生活費だけではなく、医療費や公共料金の費用などを貸し付けてくれます。
生活面でどうしても不自由がある、もしくは働けない事情や身体的な事情などに対しての資金となっています。
また、その中の一つとして教育支援資金があります。
低収入などの理由によって教育を受けられないと考えている家庭にとって、高校・専門学校・短大・大学などの学校の入学費用や授業料などを支払うための費用を貸し付けてくれる制度です。
受験費用などは別払いとなっているので、事前に受験料などは別にしておきましょう。
様々な資金がありますが、審査も必要となっているので、事前に自分のすんでいる自治体でどれくらい貸してくれるのかを確認しておくことで、融資を受けられるのです。

関連ページ

保険料控除とは
保険料控除について知りたい方へ
教育ローンとは
教育ローンについて知りたい方へ
最新貸付後残高とは
最新貸付後残高について知りたい方へ