実質金利の意味 | 今すぐ5万円借りたい時のBest3!

実際にどれくらい払うのかの目安が実質金利

実質金利とは、お金を借りたことに対する金利だけでなく、年会費やローン保証料などの手数料も含めて年間どれくらいの負担が生じるのかを示したものです。
キャッシング専用のカードでは年会費無料とするものがほとんどですが、キャッシング機能の付いたクレジットカードでは入会金や年会費が発生するものがあります。
また、ほとんどの貸金業者で保証人を要求しない代わりに、保証会社の保証を付けることを基本としており、その場合には保証料がかかっています。
こうした手数料がある場合には、実質金利は当然のことながら本来の金利に比べて高くなります。
ちなみに、ATMの利用手数料などは、これに含まれません。
もし、本来の利率だけが示されていると、手数料がかかるケースとかからないケースで、どちらが得なのか比較がしにくくなります。
また、かつては純粋な金利だけを表示し、それ以外の事務手数料などはその都度徴収するといった運営が行われていました。
金利が安いと思ったら、思わぬところで経費が発生したという事態が生じたため、1972年に行われた割賦販売法の改正により、消費者金融や信販会社などの貸金業者において、金利は実質年利で表示するよう義務付けられたのです。
実質金利はキャッシングの商品概要に示されています。
もっとも、1つだけの場合は少なく、たいてい幅を持たせて表示されているでしょう。
これは貸付業者により、借入額に応じて変わるほか、審査に応じて個別に決定する場合があるためです。

どちらの条件で選ぶ!?「5万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

5万円借りる:即日融資 5万円借りる:低金利

5万即日融資 5万低金利


ページトップへ戻る