自動車ローンの意味とは

自動車ローンやマイカーローンって何?

自動車を購入する時、できれば一括で購入したいですが、ポケットマネーでは支払えない額のお金が必要になります。
そこで多くの方はローンを組んで自動車の購入代金を支払っていくことになるでしょう。
これが自動車ローン、またはマイカーローン、カーローン、オートローンなどと呼ばれる金融商品です。
文字通り、自動車の購入のためのローンです。
例えば自動車購入費用が150万円の場合、頭金として30万円を支払ったとすると、ローンを組んで支払う金額は120万円になります。
ローン契約した120万円をディーラーに一括で支払い、自分は返済能力に応じて無理ない期間で120万円をローン会社に返済していくことになります。
ローンの組み方ですが、以前は自動車を購入する販売店やディーラーが提携しているローン会社で自動車ローンを組むのが一般的でした。
車購入と同時に販売店でローン契約ができたので手間がなかったのですが、最近ではディーラーで仲介契約するのではなく、ローン会社を独自で選び独断契約をしてくるケースが増えています。
手間ではありますが、様々な商品を比較してローンが契約できるので、消費者にとってはお得なローンが選べるようったのが特徴です。
いずれにしても長期返済にはなってくるので、特に金利面をよく比較した上で検討するようにしましょう。
ただし、ローン契約には審査が必要となり、返済能力がないと判断された人には融資されません。
各社で審査基準も異なるため、1社に断られたとはいえ諦めないで探してみるといいでしょう。

関連ページ

アイフルの歴史とは
アイフルの歴史について知りたい方へ
リボルビング残高とは
リボルビング残高について知りたい方へ
実質金利の意味とは
実質金利の意味について知りたい方へ