アイフルの歴史とは

昭和42年創業のアイフルの歴史とは

消費者金融を代表する貸金業者の一つに、アイフルが挙げられます。
テレビコマーシャルで、有名なタレントが起用されているので、おなじみの方も多いのではないでしょうか。
アイフルの歴史は、昭和42年に遡ります。
日本は高度成長期の時期でもあり、この時期に福田吉孝が消費者金融として個人で経営を始めました。
昭和53年に資本金900万円で、京都市左京区に株丸高を設立後、昭和57年には大朝、山勝産業、丸東を吸収合併することに成功し、5億の資本金を持つ大企業にまで発展しました。
この時に現在のアイフルに社名が変更されることになりました。
平成9年のには、日本証券業協会に株式を登録後は、翌年度には東証券第二部、大阪証券第二部に上場しています。
その後、平成12年度には、東証券第一部、大阪証券第一部にまで上場してます。
一時無理な取り立てなどが社会的問題となり、行政処分を受けた時期があり、これによって債務総額が3000億円にも及ぶ結果となりました。
平成21年度に事業再生を行い、平成23年度にはシティズとライフを吸収合併しています。
現在は事業を縮小化しており、適正利子での貸付業務を行っています。
企業理念についても、平成19年度に大きくあらため、社会からの信頼を得るための企業として理念を見直しています。
一度社会的打撃を得て、倒産の危機がありましたが、現在は誠実な企業を目指して、社会からの支持を得ることをモットーに再建された企業でもあります。

関連ページ

リボルビング残高とは
リボルビング残高について知りたい方へ
実質金利の意味とは
実質金利の意味について知りたい方へ
自動車ローンの意味とは
自動車ローンの意味について知りたい方へ