担保とは

債務不履行に備え担保は必要不可欠です

担保とは、債務者がローンの延滞などの債務不履行をした場合に備えて債権者に提供される物件などのことです。 債務不履行が生じた場合、これらから債務の弁済を行うことになっています。 なお、債務の弁済にあてられる担保には、人的と物的との二種類があります。
人的のものは、債務者本人が債務の返済などができなくなったときに備えて、第三者による返済を確保することをさします。 連帯保証人や弁済を請け負う保証会社がこれにあたります。
連帯保証人ではなく保証会社から債務不履行の際の保証を受けたい場合は保証料が必要です。 物的のものは、不動産などがあげられます。 住宅ローンの場合は、融資となる対象の住宅およびその敷地の抵当権として設定されます。 抵当権は、債務者が不動産に設定する担保の権利のことです。
抵当権がある物件は債務者のものではなく債権者のものとなっており、ローンの延滞など、債務の履行が順調に行われない場合、債権者はこの抵当権にもとづいて債務者の自宅や敷地を競売にかけるなどしてその代金を債権の回収にあてることができます。
なお、この抵当権は同じ物件に複数設定することが可能ですが、その際は設定した順番に基づいて弁済の優先順位が決定されます。 住宅ローンを組むときには、建てようとしている住宅に融資額に見合った価値があるかどうか評価を受けることになります。 もし物件の評価のほうが融資の額よりも低いときは、融資額が少なくなることもあります。

関連ページ

レディースローンとは
レディースローンの意味について知りたい方へ
信販系カードローンとは
信販系カードローンの意味について知りたい方へ
定率リボルビングシステムとは
定率リボルビングシステムの意味について知りたい方へ