連帯保証人の意味 | 今すぐ5万円借りたい時のBest3!

債務の責任は連帯保証人へ

借り入れ契約をする際、保証人を立てることがあります。
保証人とは、その融資を保証する人、つまり実際に借り入れする債務者に何か問題が生じた場合に債務者に代わり債務を保証する人のことです。
保証人になってしまうと債務を一緒に背負うも同等ですので、よく「保証人には絶対になるな」といわれますよね。
さて、この保証人ですが一般的な「保証人」と「連帯保証人」があるのはご存知でしょうか。
この2つは似て非なるもので、責任の度合いに違いがあります。
「保証人」は、借り入れをした債務者本人から優先的に取り立てを行っていきます。
万が一債務者に返済能力がなくなると保証人に取り立てがきますが、実は「債務者から先に取り立ててくれ」と返済を断ることが可能です。
また、仮に保証人が2人いる場合は債務を半分に割って返済することもできます。
例えば債務が500万円なら、一人250万円ずつということになります。
対して「連帯保証人」は、債務者と同等の責任を負うことになります。
そのため、債務者に返済能力があろうがなかろうが、保証人のほうが高い返済能力を持っている時点で保証人から優先的に取り立てが行われます。
この場合、返済を断ることはできません。
また、保証人が2人いたとしても返済能力に応じて返済順位が決まるので債務を割ることも不可能です。
例えば債務が500万円で、保証人のAさんとBさんの中でAさんのほうが返済能力があると500万円をAさんが全て負担することになるでしょう。

どちらの条件で選ぶ!?「5万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

5万円借りる:即日融資 5万円借りる:低金利

5万即日融資 5万低金利


ページトップへ戻る