年利の意味とは

年利を比較して上手に借りましょう

年利というのはなんでしょう。 カードローンでの借入やクレジットカードでショッピングをした場合、元金とともに金利を支払わなければなりません。 1年間で支払う金利のことを年利といいます。
たとえば、100万円を借りた時、年利が5%なら支払う金利は5万円です。 ですが、この金利は単純に金利だけではありません。 それは、日本では、年率には書類を作成するための費用や手数料などを、含めて計算しなければならないというようになっているからです。
実際にかかる金利とすべての費用や手数料をまとめたものが、年率ということになります。 そのため、広告などでは実質年率として表示されているのを見たことがあるでしょう。 これは、日本の法律で実質年率と表示しなければならなくなっているためと、金利だけでなくすべての費用が含まれているからなのです。
もし融資を受けた場合、完済までにどれほどの金利を支払うことになるのかは、年率を掛けてみればわかります。 金利を計算する場合、それが実質年率であることに注意して計算しなければなりません。 そのように決められているため、費用や手数料を除いた年率を示して、いかにも低い年率であるように見せかけることができなくなっています。
これは、利用者にとっては安心できることでしょう。 年率を求める場合、360日で計算する国と365日で計算する国があります。
日本はもちろん365日で計算している国です。 融資を受ける場合は、年率で比較をして、できるだけ低金利のところで借りるほうがお得になります。

関連ページ

ネガティブリストとは
ネガティブリストについて知りたい方へ
法定利率の意味とは
法定利率の意味について知りたい方へ
連帯保証人の意味とは
連帯保証人の意味について知りたい方へ
クレジットカードの支払い方法とは
会社からの信用で行え支払の種類も多様なクレジットカードの支払い方法とは! 今すぐ5万円借りたい方へ金融基礎知識を公開しています。