ネガティブリストとは

金融機関のネガティブリストとは

ネガティブリストというのは、マイナスに評価される内容の情報のことです。 一般に物事の審査や手続きには不利な情報となり、制限や禁止といった結果をもたらす作用があります。 金融業界ではブラックリストとも呼ばれています。
逆にマイナスの作用がなくプラスに評価される情報はポジティブリスト、またはホワイトリストと呼ばれることがあります。 キャッシングやクレジットカードなど金融機関を利用する際に気をつけたいのが、ネガティブリストです。
金融業界の場合、債務過多、返済の大きな延滞発生、債務整理...といった履歴がネガティブな情報となります。 これらの情報は個人信用情報機関に登録されて、登録期間中はネガティブリストとしてどの金融機関からも照会されます。 ですから新規に金融機関に申し込みをしてもネガティブな情報があれば審査に不利となり、審査に通過しにくくなってしまいます。
特に自己破産といったネガティブ度の高い情報がある場合には、新規の金融機関申し込みはまず通過できないと考えたほうがよいでしょう。 誰もが日常の中で急な出費が必要となることは多く、金融機関からお金を借りようと思う機会が来る可能性があります。 そんな時に過去の履歴から審査に落ちてお断りされるというのは不便を感じることです。
お金を計画的に使っていればネガティブな情報が生まれることはありません。 お金を借りる前にはきちんと返済できるかどうかいま一度判断し、のちのネガティブな情報を作ってしまわないように気をつけましょう。

関連ページ

年利の意味とは
年利の意味について知りたい方へ
法定利率の意味とは
法定利率の意味について知りたい方へ
連帯保証人の意味とは
連帯保証人の意味について知りたい方へ
クレジットカードの支払い方法とは
会社からの信用で行え支払の種類も多様なクレジットカードの支払い方法とは! 今すぐ5万円借りたい方へ金融基礎知識を公開しています。