クレジットカードの支払い方法とは

クレジットカードの支払い方法は会社からの信用で行え支払の種類も多様

クレジットカードは現金を先に支払をしていないのに、使えるようになるので不思議に感じてしまいますよね。
実はその人の信用に基づいて照会が行われています。
そしてその人を信用して、会社でお金を立て替えてくれているのです。
もう少し詳しくなると、クレジットカード会社が加盟店への支払を肩代わりし、後でカード利用者の私達へ代金請求を行うような仕組みになっています。
支払い方法を見てもわかるように一旦会社で肩代わりをしているので、信用がなければお金を借りて買い物をすることができなくもなります。
この信用とは何かというと、遅延や限度額以上使っていなかの確認なども行い、本当にお金を貸した時に返してくれるのかも見られています。
加盟店は損をすることがないのですが、もしカードを持っている人がお金を返してくれない時には、貸している会社が困ることになるのです。
支払い方法にもいくつかあります。
まずは手数料がかからない一括払いです。
こちらは現金で買い物をするときと同じように手数料がまったくかかりません。
そしてクレジットカード会社ではショッピングで利用をすると、ポイントのサービスを行ってくれますのでポイントも買い物した金額に応じて付くのでお得にもなります。
そして、分割支払いやリボ払いというものもあります。
こちらは分けて支払ができるので、1回あたりの金額を無理なく支払していくことができます。
多少利子はかかってしまいますが、ゆっくりと生活に支障なく返済が可能です。

関連ページ

ネガティブリストとは
ネガティブリストについて知りたい方へ
年利の意味とは
年利の意味について知りたい方へ
法定利率の意味とは
法定利率の意味について知りたい方へ
連帯保証人の意味とは
連帯保証人の意味について知りたい方へ