融資の意味とは

融資ってそもそもどんなことなの?

融資というのは、字を分解すると「資金」を「融通する」ということを意味しています。
つまり、資金を用立てる、お金を貸してあげる、という意味です。
お金を貸す側を債権者、お金を借りる側を債務者といいます。
両者の間にはお金を貸す、貸したお金は利息を付けて期日までに返済するという約束がなされます。
債権者はその約束を守ってくれることを信頼して、債務者に融資するのです。
たとえば、家族や友人など気心が知れた中であれば、お金の貸し借りをすることがあるかもしれません。
どうしても手持ちがなくて、1000円くらい貸すならいいかとか、「必ず返してね」と口約束で貸してしまうこともあるでしょう。
そこには、その人は必ず返してくれるはずといった信頼や、いつも顔を合わせているから、いつでも請求ができるという安心感があるのではないでしょうか。
しかし、もし、道端で通りすがりの全く知らない人から10万円貸してくださいと言われて、あなたは貸すでしょうか。
普通は貸さないでしょう。
なぜなら、その人が何処の誰かも分からず素性も知らないわけですし、信頼関係がないからです。
これと同じことが金融機関や貸金業者などでも起きています。
一部には銀行に口座を持っているなど取引のある客もいるかもしれません。
しかし、大半は借入れの申込みにより初めて関係を持つ人たちです。
その人たちに数十万円、数百万円単位のお金を融資するには、審査によって返済能力の有無を調べ、信頼のおける人物かを確認しなければならないでしょう。
その意味で審査は重要な位置づけとなります。

関連ページ

借入限度額(利用限度額)とは?
借入限度額・利用限度額について知りたい方へ
日本貸金業協会の意味とは?
日本貸金業協会の意味について知りたい方へ。
随時返済とは
随時返済について知りたい方へ
金融庁の「相談窓口」とは
金融に関する相談は金融庁の「相談窓口」へ連絡してみてください! 今すぐ5万円借りたい方へ金融基礎知識を公開しています。