金融庁の「相談窓口」とは

金融に関する相談は金融庁の「相談窓口」へ連絡してみてください

金融庁は金融商品の利用者や保険の契約者などを保護することを目的とし、金融機能の安定化を図るために重要な行政機関です。
金融に関する法律の見直しや、金融機関の情報などを管理すると同時に、個人の消費者に対して、トラブルに関する注意喚起や相談受付なども行っています。
景気回復が政府の課題として叫ばれるようになってから久しいですが、回復の兆しはなかなか見えてきません。
生活が苦しくなるにつれ、カードローンなどの利用を余儀なくされるケースもあるかもしれませんが、貸金業法の改正にともない、融資に対する総量規制から、収入の3分の1以上のキャッシングができなくなりました。
そのことから悪徳業者に手を出してしまい、困窮してしまう人が跡を絶ちません。
また、警察や金融庁の呼びかけにも関わらず、消費者の不安な心理状況を巧みに利用した振り込め詐欺なども横行しています。
もし、そのようなトラブルに遭遇してしまった場合は、金融庁の相談窓口を利用してみてください。
平日の10時から17時の間が受付時間となっており、電話をはじめ、メールやファックス、郵送等で相談や情報提供をすることが可能です。
電話以外は24時間受付になっており、受付時間内に担当者が、電話にて相談者に連絡をすることになっています。
借金問題や詐欺などに関してだけではなく、保険や投資などに関する相談も受け付けていますので、少しでも困ったことがあれば一度相談してみてください。
何らかの解決の糸口が、見つかるかもしれません。

関連ページ

借入限度額(利用限度額)とは?
借入限度額・利用限度額について知りたい方へ
日本貸金業協会の意味とは?
日本貸金業協会の意味について知りたい方へ。
融資の意味とは
融資の意味について知りたい方へ
随時返済とは
随時返済について知りたい方へ