借入限度額(利用限度額)とは?

利用状況で決まる借入限度額(利用限度額)

最大800万円まで借りられるとテレビCMで行っているのに、実際申し込んでみたら借入限度額(利用限度額)が30万円だったなんてことはありませんか。 どんな融資にも限度額というものがあります。 いったいこれはどうやって決まっているのでしょうか。
カードローンもクレジットカードも、どちらもお金を融資するサービスであることには変わりはありません。 クレジットカードはショッピングをするためのものですが、その支払代金をクレジットカード会社が立て替えているのです。
融資したお金は、決められた返済期日に元金と利息を合わせて返済することになっています。 それが、カードローンなどの無担保・無保証の基本です。 では、融資する金融会社は、なにを参考にして貸し付けをしているのでしょうか。 それは、融資を申し込んだ人の信用力から判断しているのです。
融資を申し込まれたなら、金融会社は信用度を審査します。 年収や職業、持ち家などに加えて、過去の借入実績などが調べられ、借入限度額が決まるのです。 最大800万円まで借りられるカードローンでも、誰でも最大まで借りられるわけではありません。 初めて金融会社に申し込んだ時は、信用力は最低だと思って間違いありません。
その金融会社での利用実績がないからです。 ですが、定期的にお金を借り、ちゃんとトラブルなく返済をしていれば、信用力がどんどん上がっていきます。 そうすれば何もしなくても利用限度額は自然と上がっていくのです。

関連ページ

日本貸金業協会の意味とは?
日本貸金業協会の意味について知りたい方へ。
融資の意味とは
融資の意味について知りたい方へ
随時返済とは
随時返済について知りたい方へ
金融庁の「相談窓口」とは
金融に関する相談は金融庁の「相談窓口」へ連絡してみてください! 今すぐ5万円借りたい方へ金融基礎知識を公開しています。