信用保証協会の融資とは

信用保証協会から融資を受けるには

零細企業や中小企業が銀行等から融資を受ける際に必要になってくるのが「信用」です。
銀行がお金を貸すには、万が一借りる側の会社に返済能力が無くなった場合の「保険」が必要になります。
その役目を担っているのが、「信用保証協会」です。
会社はこの信用保証協会に一定の割合の保証料を支払う事によって、万が一の時には銀行に借り入れ金額の80%の金額を肩代わりしてくれる事になります。
銀行はそれにより保険を得る事が出来るので、会社が銀行に借り入れをする場合には強力な信用保証を得る事になります。
要するにお金を借りる会社と銀行の間に信用保証協会は建ち、保証料を支払った会社に対して銀行からお金を借り易くする信用を用意するというシステムとなっています。
このシステムは会社が融資を受ける際にその手助けとなりますが、個人でキャッシングをしている場合には保証を受ける妨げになるのではないかという心配もありますが、実際にはカードローン等のキャッシングをしている事は、直接的な影響はないという事です。
それでも、キャッシングの返済に遅延や滞納がある場合には、少なからず影響をしてくる可能性も無いとは言えないようなので、注意が必要であると言われています。
キャッシングとは個人でも利用できる融資で、無担保、無保証人となっていますが、こちらのシステムを利用する場合は個人の利用は出来ないのですが、会社単位の利用で8000万円までは無担保で保証を得る事が出来る点では、共通点もあるようです。

関連ページ

5万円借りる方法
5万円借りる方法を知りたい時に便利なサイト
おまとめローンでお金を借りるには
おまとめローンでお金を借りたい時に便利なサイト
カードローンで5万円借りる
カードローンで5万円借りたい時に便利なサイト