今すぐ5万円借りたい時のBest3!

5万円借りれる  >>深夜・土日などの休日・雨の日に便利!WEB完結増えてます!

5万借りれる

即日融資で5万円借りれるカードローン

5万円借りられるカードローンは、いくつもありますが、 大手銀行グループのカードローンですと、
対応が迅速&引き出す際にもATMが充実しているので大変便利です。

どちらの条件で選ぶ!?「5万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

5万円借りる:即日融資 5万円借りる:低金利

5万即日融資 5万低金利



休日お金借りれるキャッシング


5万円借りる時に必要なもの

書類/条件


カードローンで5万円キャッシングする

カードローンお申込みの流れ

急いでいるときには 『 インターネット申込 & 自動契約機カード受取 』 が便利!


銀行と消費者金融の比較

銀行/消費者金融 審査速度 金利の高さ 審査厳しさ 総量規制
▼ 銀 行
【 低金利 重視 】
★★★☆☆
( 普 通 )
★☆☆☆☆
( 低 め )
★★★★☆
( 厳しめ )
対象外
( 年収の3分の1以上OK )
▼ 消費者金融
【 スピード 重視 】
★★★★★
( 早 め )
★★★★☆
( 高 め )
★★☆☆☆
( 柔軟性あり )
対 象
( 原則年収の3分の1まで )

 ※こちらは業界全体のタイプ別一覧です。会社によって詳細が異なりますので、ご利用の際には個別にご確認下さい

お金を借りる前に~はじめて5万借りる方へ~

お金の借りすぎに注意しましょう

  • 契約内容を理解できましたか?無理なく確実な返済が可能ですか?
  • 不安がある場合は1人で悩まずに早めに身近な人や、国民生活センター、クレジットカウンセリング協会等に相談しましょう。

5万借りる⇒小額な借入なら

お金を借りるときに、高額借り入れの場合でしたらあらかじめ利用目的も決まっていて、前々から借り入れの準備ができます。けれど、小額の場合は前もって準備というよりは、特に予定していなかいなか、急にお金が必要になることのほうが多いですよね。
そんなときの五万円程度の小額キャッシングで重要なのは、どれだけ手軽にスピーディーに借り入れができるかです。 なにせ、時間的に切羽詰っての借り入れが多いので、必要書類を集めたり、店頭に行ったり、ましてや審査が通るまでに何日もかかる…なんていう時間と手間はかけていられません。 いますぐに借りたい!というあたなにおすすめなのが、ネットで簡単に、モバイルで手軽に、出先でひょいっとコンビニに…と楽々便利な小額キャッシングです。

また、小額キャッシングなら、借り入れ金額も少ないので、それに伴って利息が大きな負担となって圧し掛かってくるということもなく、利用者にとってもたいへん助かります。 なお、なかには無利息キャッシングなんてものもあるので、しっかりと見極めて小額借り入れをおこないましょう!

教えて!キャッシング口コミ・体験談Q&A

その①
先日買い物をしていたのですが、支払い時に、一括で支払うか、分割で支払うか定員さんに聞かれました。いつも購入する商品よりも高めのものだったので、分割でお願いしますと言ったのですが、 更に、リボ払いにしますか?と聞かれました。仕組みが良く分からないので、分割でお願いしたのですが、 クレジットカードの支払い方法「リボ払」いってそもそも何ですか!?

A.分割とリボ払いの違い。。最初はよく分からないですよね!(><)
今回のQ&Aでは、この2つの違いを細かく解説しますね!

<分割払いとは>
支払金額を、5回、10回などと支払い回数を決めて分割して支払うことを言います。
(分割払いはそれぞれの決済ごとに支払いの回数を決める)

例)20万円の物を購入して、10回の分割払いにした場合
2万円/毎月の支払い + 利息
になります。

この利息の部分は、各カードローン会社によって異なりますので 詳細は公式ホームページをご覧ください。

<リボ払い>
まず、リボ払いの特徴は下記の2つあります。

①支払額の上限を決められる
リボ払いは毎月2万円などと支払い金額の上限を決めて支払うことをいいます。
利用額が設定額を超えた場合は、超えた分は翌月に繰り越しして支払うことになります。
利用額が設定額以下の場合、利用額だけの支払いとなります。

②複数の決済があった時に、それらの決済額を全て合算してその中から決めた金額を払っていく
下記にリボ払いの例を記載します。
○リボ払いの支払い
例)
月々の利用額が3~6万円の間で、リボ払いの支払い金額の上限を5万円に設定した場合。
利用額が5万円以下であればその全額を全額支払い、 5万円を超えた場合はその超えた金額は翌月に繰り越しして支払います。

月々の支払い額は5万円以下になり、その金額を超えることはありません。
※つまり、毎月の支払い額が一定額にならない。
※解説の為、各会社の手数料は省きます。

例) 支払額上限5万円
4月 リボ払い利用額4万円 支払い額4万円 支払後リボ残高0万円
5月 リボ払い利用額3万円 支払い額3万円 支払後リボ残高0万円
6月 リボ払い利用額5万円 支払い額5万円 支払後リボ残高0万円
7月 リボ払い利用額6万円 支払い額5万円 支払後リボ残高1万円
8月 リボ払い利用額5万円 支払い額5万円 支払後リボ残高1万円
9月 リボ払い利用額3万円 支払い額4万円 支払後リボ残高0万円

○「リボ払い」のメリットとデメリット
メリット
高額商品を購入した場合などに、支払いを先に延ばし(毎月決まった金額を支払うことで)商品、サービスを先に受け取ることが可能。
デメリット
手数料が掛る

○「分割払い」と比べた時のメリット
余裕のある時には支払いを増やすなど、返済を早めて手数料を軽減することが可能。
※分割払いは、分割回数を最初に決めたら後で変更することができません。
これらの特徴を踏まえて、分割払いにする場合には「リボ払い」にするかしないか決めましょう!